本文へスキップ

プロを目指すのなら実力を身につけるため音楽学校へ通いましょう。

『音楽学校で学ぶ楽器』は、これからプロミュージシャンを目指す予定の 若き挑戦者達にもわかりやすく、 ギターとはどんな楽器なのか、ピアノがどのように音を発するのか、 といった音楽学校で学べる楽器演奏に関するあらゆる情報を紹介します。

弦楽器

弦楽器にはギター、ベース、ウクレレ、琴などがありますが音楽学校で習う楽器だと 琴やウクレレは対象外と考えてよいでしょう。 従って残ったギターとベースが主なところでしょうが、それぞれエレキギター・ アコースティックギター、エレキベース・アコースティックベースと、エレキ系と アコースティック系に分類することができます。 どちらを学びたいかは将来の夢にも深く関わることですし、似ているとはいえ適当に 選んでしまうと8年後に後悔するはめになるかもしれませんので、何を目標にして いるか見定めて進むべき道を決めましょう。 かっこよさそうだから音楽学校に行きたい、という人よりもミュージシャンになりたい と夢見ている真面目な学生さんが多いので、あまりフワフワした理由では感心しません。


打楽器・ボーカル

打楽器としては激しい情熱を感じさせるドラムやパーカッションも音楽学校では受講者 に人気のようで、ロック・フュージョン・ジャズ・ポップス・ハードロック・レゲエ・ 演歌・ブルースなど各ジャンルでの演奏だけでなく、楽譜の読み方やドラムセットを 構成するパーツの名称と役割など、基本的なことも教育してもらえます。 スタジオや自宅のガレージでの練習だけではマスターできない高等技術、独学では 知りえないプロミュージシャンとしてやっていくには不可欠な知識などもスクール で教えてもらえるので、スタジオワークやツアーサポートに興味があるのならやはり 音楽学校で教育を受けるのがベストな選択でしょう。


鍵盤楽器

女性が「私って実は楽器を演奏するのが得意なのよ」と発言した場合、周囲の人が 期待するのはピアノやオルガンなどの鍵盤楽器ではないでしょうか。 男性には不向きと言ってしまうのは不適切かもしれませんが、イメージ的には女性の 演奏者のほうがピアノにはお似合いだと誰もが思っているはずです。 ですが踊るようにキーボードを上手に弾きこなす男性もいますし、男女平等に扱うのが プロの世界の厳しさともいえるでしょう。 鍵盤楽器を操るミュージシャンの多くは音楽学校出身とも言われていそうですし、 男女の性別に関係なくここで学んでいる生徒はたくさんいるはずです。


名古屋のライブハウスといえば
LIVE BOX「アンリミッツ」
地下鉄・大須観音駅から南へ徒歩1分。
自主企画ライブはもちろん、各種イベントにご利用ください。
http://www.unlimits-osu.jp/

作曲・編曲

楽器の演奏やボーカルだけが音楽学校で学べることではありません。 人前に立ち表立って活動するミュージシャンもいれば、曲を作ったりアレンジを 手がけるのもまたミュージシャンのお仕事です。 これらはバンドを組んだり楽器演奏を習得した人の中からその道に進むのが一般的 だった時代もありましたが、今では最初から作曲家を目指そう、将来の夢は歌手では なく作曲家になることだ、という若者も当たり前のようにいるのです。 そのための受講コースも用意されていますので楽器の演奏や知識も必要な分は授業で 教わって、作曲家のスペシャリストになる教育を受けることができるのです。 なりたい職業はプロデューサーという小学生もきっと増えていくのでしょう。


バナースペース

進学も就職も応援!
通信制高校サポート校・匠高等学院
義務教育を完全マスターし、特別進学コースや、就職支援フォローのサポートもしっかりと整えています。
愛知県名古屋市名東区本郷2-66-2 2F
フリーダイヤル:0800-0002-100
http://takumi-koukou.com/